スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

«prev | home | next»

某巨大掲示板の物理板で読んだような話。2005.10.25

30万画素で一つの画素に対して24ビットの色情報があるデジタルカメラがあるとします。
もし、量子コンピュータなんて目じゃないよってほどのスーパーコンピュータがあるとして全部のパターンを計算すれば宇宙ができてから終わるまでのすべての風景が見えるのでしょうか。

全部のパターンとは一つの画素(1ピクセル)に対して24bit=16,777,216色だから300,000の16,777,216乗の計算ですね。
間違えました逆です。
16,777,216の300,000乗です。
全部黒から全部白までの画像が導き出されるわけです。
自分の幼い頃のワンシーンや自分が死ぬ瞬間とかもランダムで導き出されたりするかもしれません。

理論的にはそうだよな、不可能だけど。

スポンサーサイト

Comment [2] | TrackBack [0]

«prev | home | next»

Comments

人間の目が認識できる画素数は約600万画素程度と言われているので、
600万画素で計算するのが正しいかと。
あと、人間が認識できる色情報は確か32ビット程度だったはず…

[教えて!goo] 人間の目はどのくらいの画素数に相当するのですか?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=840223

posted by 15 [URL] | 10/25 02:59| edit

おーそうなんですか。
じゃあ実際に目を通してみるすべての風景は
それで計算しなければならないですね。

情報ありがとうございます!

どちらにしろもっと計算が困難になりますが;

posted by philo_key [URL] | 10/25 11:44| edit

Add a comment

TrackBacks

TrackBack URL for this entry

http://bookmaster.blog23.fc2.com/tb.php/59-019d1785


|||||||||||||||||
All Rights Reserved ©philo_key

Photo by philo_key / Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。