スポンサーサイト--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment [-] | TrackBack [-]

画像加工22005.10.31






なんの練習にもなってないかな;

スポンサーサイト

Comment [2] | TrackBack [0]

ドイツ哲学2005.10.31

[web]

三十分で解るドイツ哲学

概観をつかめてわかりやすいです。
「我々は世界の究極(物自体)を知ることはできない。」とか同じようなことどっかで読んだことあるんだけど、カントの発想だったんですねぇ。
大学で使う資料を公開してるということなので、いっぱい資料がありますので勉強になります。
講義とかうけたいなぁ。

追記 どうやら上記の「」内の話はカント独自ではなく、ショウペンハウアーの影響がある気がしてきました。
ヘーゲルへの批判がものすごくてびびりましたよショウペンハウアーには、、、。

Comment [0] | TrackBack [0]

作ってみた。2005.10.30







撮った写真を加工してみた。
ちなみに二枚目は何を撮ったのかわかったらかなりのガンオタです。

Comment [2] | TrackBack [0]

意識について2005.10.29

意識がどこで発生してるのか不思議です。
人間の体を構成している原子は約5年ですべて入れ替わるらしいです。
自分の形を保っていることもすごいのですが(DNAによって決めれているから)意識は変わらないんですよね。
構成している物質がたえず入れ替わっているのにも関わらず、自分は自分だと認識しているわけです。
てことは原子に依存していないと思う。
たぶん細胞レベルなんじゃないかなぁ。
ニューロンが複雑にネットワークを結んでいることによって意識が発生しているとか。
ニューロンの数やネットワークの複雑度がある一定以上を超えると意識がめばえるとか。
好奇心が尽きませんね。

まぁまず意識ってのがよくわからないですからね。
犬やネコにも意識があるのかわからないです。

参考書籍 ユーザーイリュージョン―意識という幻想
創発―蟻・脳・都市・ソフトウェアの自己組織化ネットワーク

Comment [0] | TrackBack [0]

死について2005.10.28

まえから思ってたんだけど、
気絶って死に似てると思う。
寝ることも死と似てると思う。

主観的に見てってことです。
客観的だと全然似てないと思います。

まぁ死んだことないんでわからないんですけど、
想像してみて似てるなぁとふと思ったわけです。

Comment [0] | TrackBack [0]

四季の森2005.10.27

バーベキューしてきました。
探せば公園とかいろいろあるんですね。
ひきこもり率が高いとアウトドアに関してあまりにも無知です;

外にでかけることで得る経験や知識って結構重要ですね。
ネットだけじゃあ得られる知識にも限界があるってもんです。
けどネットのおかげで今までの数倍は知識を得られるチャンスが増えましたけどね。

¥

¥

Comment [0] | TrackBack [0]

クリエーターについて2005.10.26

[web]

天樹征丸日記

いいこと書いてあります。
ブログは公開している以上やっぱ読者を意識します。
んで常日頃どうやったら面白いと思われるんだろうかと考えたりしちゃいます。
どれだけ人が来ているのかも気にしちゃいます。
そんなこんなで悶々と悩んでいたところ、こちらのブログに創作についての考え方の一つが書いてあります。

「自分が面白いと感じたことを分析して反映してみる」
「他人の作品に対してケチをつけるのではなく、面白いところを探し把握する」
「さらに発展させて考えてみる」ことと書いてあります。

さっそく試してみようと思う。

あと、文章がうまいっていいなぁとか思った。


Comment [0] | TrackBack [0]

某巨大掲示板の物理板で読んだような話。2005.10.25

30万画素で一つの画素に対して24ビットの色情報があるデジタルカメラがあるとします。
もし、量子コンピュータなんて目じゃないよってほどのスーパーコンピュータがあるとして全部のパターンを計算すれば宇宙ができてから終わるまでのすべての風景が見えるのでしょうか。

全部のパターンとは一つの画素(1ピクセル)に対して24bit=16,777,216色だから300,000の16,777,216乗の計算ですね。
間違えました逆です。
16,777,216の300,000乗です。
全部黒から全部白までの画像が導き出されるわけです。
自分の幼い頃のワンシーンや自分が死ぬ瞬間とかもランダムで導き出されたりするかもしれません。

理論的にはそうだよな、不可能だけど。

Comment [2] | TrackBack [0]

フリージア2005.10.24

[]

フリージア IKKI COMICS



敵討ち法

被害者又は被害者の遺族は加害者に対して、直接又は「敵討ち代理人」を雇い敵討ちをする権利を有する。


世界はほぼ現代社会。
でもこの法律のおかげでかなり狂った世界に見えます。
暴力に満ちていて登場人物はほぼ病んだ人ばかりです。
でもよくあるとりあえず暴力と暗い世界観でどかどかやっとけって感じではなく
自己と他人と社会について考える刺激になる深さがあると思います。
登場人物と世界観、そこがこの漫画の肝ですね。
この漫画好きです。

いや、好きなやつしか紹介しないけどね。

ちなみに作者のホームページが楽しい!
最近知ったんだけど笑いました。
松本次郎ホームページ
寄ってみて損はないです。

Comment [0] | TrackBack [0]

しゃれた言葉2005.10.23

あなたがつまらないと思っている今日。
それは、きのう亡くなった人が、どうしても生きたいと必死に願った今日です。
今日は、そんな今日なのです

ちょっと感動した。

Comment [0] | TrackBack [0]

すでに有名かもしれませんが2005.10.23

[web]

スタンダード 反社会学講座

こちらのサイトが好きです。
笑えるし勉強になりますから。

昔はよかったなんてうそっぱちですね。
正しい情報って自力でしか到達できないのかな、、。

Comment [2] | TrackBack [1]

flash2005.10.22

をもそもそ勉強いたしまして
やっとこさホームページのトップを変えてみました。
相変わらずブログメイン更新なので、コンテンツは今のとこ変わりません。
なんか面白いアイデアはないか捻出中です。

ん、てかここってswfをupできるんだからflash使えるのか。
創作意欲が沸いてきました。

Comment [0] | TrackBack [0]

思考と行動における言語2005.10.22

[]

思考と行動における言語

コトバというものは
現地(現実世界にある物や事)に対しての地図(抽象や概念)である。
だからコトバは物や事をそのまますべて言い表しているわけでもなくなんの関係もない。
(本文より)

例えば、
木でできていて
足が四本あり
その上に板が置いてある
そこで食事をしたり作業をする
構造物
があるとします。
私達はそれをテーブルと呼びます。
しかし「その物」には本当の名前はない。
ただ「その物」に対してテーブルという分類を与えているだけである。
もしテーブルのない文化があれば、呼び方も知らず座るものだと思うかもしれない。

”私達はコトバと現実のものとを同一視してしまうが間違っている。”

私達が日々暮らしているなかで、
「コトバというものがどれだけ思考に影響を及ぼしているのか」
ということがわかると思います。

素晴らしい本です。
今まで出会った中でベスト5には入ります。

著者は「S・I・ハヤカワ」
一般意味論を学問体系として確立した人物。
1979-1981年には合衆国上院議員として活躍。

分類 社会学、言語学

Comment [0] | TrackBack [0]

秋の夕焼け2005.10.20




すごくいいですね。
赤、橙、青、黒のグラデーションがとても美しい。

むぅ、、綺麗に撮りたいなぁ、、、、。

デジタルARENA / デジタルカメラ編 INDEX

テクニック満載です。
ここを参考に精進してみようかな。

Comment [0] | TrackBack [0]

Windows Noises2005.10.20

[web]

Windows Noises

すごいかっこいい!
アイデアが素晴らしいと思う。
何回も聞いてしまった。

もしかしてもう既出のものかもしれないけど、、。

Comment [0] | TrackBack [0]

東京カタログ - TREND SIDE2005.10.19

[web]

東京カタログ - TREND SIDE

こちらのサイトにて書評の記事を書かさせていただくことになりました。

東京カタログは東京サイドとトレンドサイドがありまして、
その名の通りトレンドを扱うトレンドサイドで記事を書きます。
本だけではなくグッズや映画など様々な話題のものを扱っていますよ。
流行が知りたければぜひ見行くべしです!

がんばって投稿していきたいと思っております。
応援よろしくお願い致します。
そして15さんこれからよろしくお願い致します。

Comment [0] | TrackBack [0]

Blog ユーザー473万人、SNS ユーザー399万人――総務省が集計2005.10.19

Blog ユーザー473万人、SNS ユーザー399万人――総務省が集計

SNSの普及ってはやいな。
追い越す勢いなのか。

Comment [0] | TrackBack [0]

車のフロントの上に2005.10.19




こやつがいつも居るんですよ。
足跡つけるんですよ;
止めてください、、、洗ったばっかの時だけは、、、

Comment [0] | TrackBack [0]

プチ哲学2005.10.19

[]

プチ哲学



ゲームの「IQ」や「日本のスイッチ」、
「スコーン」「ポリンキー」「ドンタコス」「バザールでござーる」などのヒットCMや、
「だんご3兄弟」「アルゴリズム体操」などのブームを生み出した
独創的で素晴らしい発想を持つ「佐藤 雅彦」のプチ哲学本です。

かわいい挿絵と深い洞察を呼び起こす数行の文。
普段生活している中で何気ないことにもちょっと立ち止まって
考えてみることの楽しさを教えてくれます。
読むやすいので読書が嫌い、
哲学ってむずかしそうだという人にはおすすめです。

Comment [0] | TrackBack [0]

何かを2005.10.19

作るのって楽しい。

なんかタイトルデザインばっかやってる気がする。

コンテンツが充実しないなぁこりゃ。

Comment [0] | TrackBack [0]

正論2005.10.17

世の中には正しいことばかり言う人がいる。

でもそんなこと言ったって仕方ないことあるじゃないか。
それがまかり通るなら、こんな矛盾した世界になってないよ。

Comment [0] | TrackBack [0]

大笑いですよ。2005.10.16

今月に入ってからヒット数がずーっと0人、、。
おかしい、なぜだ。
さてはそんなにつまらないのか、、。
って少し悲しかったんですが
デザイン変えてから解析用のタグ入れるの忘れてた。

バカだなぁ俺。二週間も気づかないとはさすがです。

Comment [0] | TrackBack [0]

常識について2005.10.15

私はよく「そんなことも知らないの?」って言うことがあります。
自分が常識だと思っていたことを相手が知らなかったときですね。
そもそも常識ってなんだろう。

常識とは
ある社会で、人々の間に広く承認され、当然もっているはずの知識や判断力。(goo国語辞典)
だそうです。

それってどうなんだろう。
みんな生きてきて身に着けた知識なんて違うんだからさ。
ましてや環境の影響は強いと思う。
それに物を知るときには絶対に「初めて知る」時があると思う。
当然もっているはずってどういうことだろうか。
いつまでに持っていればいいんだろうか。
なんだか使える常識っていうのは結構狭い範囲の知識なのではと思うなぁ。
常識なんて存在するのか?

とりあえず「そんなこと知らないの?」と言う自分はバカですね。
言おうと思ったら、それが相手の初めて知る時なのだから
貴重な瞬間です。
尊重しようと思う。
そして、自分が知らないときは積極的に聞こうと思う。


明日はテクニカルエンジニア ネットワーク
の試験があります。
イヴですね。
今までより自信ないです。
ですが前日、焦っても仕方ないのでブログ更新しちゃいました。
がんばるぞー。

Comment [0] | TrackBack [0]

間違った知識なのでは2005.10.14

朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition) 暮らしの知恵袋

やっぱりそれは違うと思いますよ。

Comment [0] | TrackBack [0]

某ソーシャル・ネットワークサイト2005.10.14

[web]

のブログ紹介スレで
一日のユニークアクセス数が多いやつで一万
だいたい平均で200くらいあるんだけど、、。
んんーすげぇなぁ。
がんばればそうなれるのかなぁ。

まぁそれでブログを見回ってるうちに
自己中心的ブログが多くて腹が立つなど
そういう記事が多く見られました。
そういうの見たことないからわからないけど
自分がそうだったらやだな。
そう発言できる人は自分のブログに自信があるんだろうと思う。
私もそうなりたい。

ハイイロのおと クソブログの利用方法
↑こちらのサイトでそうならないための方法。
いや、一つの考え方が発見できると思います。
読む価値があります!
ぐさっときたのでついコメントしてしまったのは私です;

Comment [0] | TrackBack [0]

矢田川にて22005.10.13






さっきのつづきupup。

Comment [0] | TrackBack [0]

矢田川にて2005.10.13





写真撮ってきました。
170枚くらいとりましたが、いや実質200枚以上かな。
使えるのは一枚くらいですね。
オレンジの花は庭にあったやつです。

カメラ持ってうろうろしていると声かけられたりしますね。
「何とってるんですか?」とか
聞いてもいないのに「昔ここら辺はだね」なんて
色々教えてもらったりしました。
そういうのも楽しみの一つになるかもしれません。

Comment [0] | TrackBack [0]

エッ!?和泉元彌レスラーデビュー、来月3日2005.10.13

エッ!?和泉元彌レスラーデビュー、来月3日

最近はなんでもありですね。なんかボブサップとか曙とかが参戦してから変わった気がするK-1。
どう能楽に還元するのか期待です。

まちがえたプロレスだった;
プロレスならありか、、、ありなのか??

Comment [0] | TrackBack [5]

香港ディズニーランド2005.10.13

開園1か月は営業不振

ディズニーもなんでちゃんと下調べして作ること決定しなかったのかな。

Comment [0] | TrackBack [0]

真夜中の2005.10.12

弥次さん喜多さん見ました。
真夜中の弥次さん喜多さん 公式サイト

笑いという意味では面白いです。
ただし中盤あたりから見てるのがつらかったです。
テンションがばか高いので
あのままのテンションがずっとつづくのは結構つらかったなぁ。

「リアルじゃねぇ」というセリフが多くあったので、
そこらへんに何か伝えたい意図があるのかもしれません。
考えて見なおすのも面白いでしょうね。

あと、安部サダヲさんや生瀬さんや板倉さんが好きなのでそこのやり取りがよかったかなぁ。

結構笑ったので久々に面白いコメディ映画だったかな!

感想は以上です。

Comment [0] | TrackBack [0]

next»


|||||||||||||||||
All Rights Reserved ©philo_key

Photo by philo_key / Template by ooq:blog
Powered by

FC2Ad

menu»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。